軌道工

IMG_9465

安全最優先の工程管理

鉄道の建設や保守工事は、わずかな誤差も許されない高度な技術と安全性が求められる仕事です。お客様が日常の移動手段として安心して利用していただくために、熟練した軌道作業員の確保、厳密な施行管理、技術かいはつを行うとともに、安全作業はもちろんのこと、列車の正常運行に支障を来たさない無理・無駄のない工程管理を計画・実施しています。

軌道検査業務

 

線路に使われる材料(レール・マクラギ・道床バラスト・レール締結装置など)の状態を検査し、各種測定器により、軌道の状態を診断していきます。

【山陽新幹線の軌道検査業務】
・分岐器細密検査
・伸縮継目細密検査
・架台式レール深傷検査
・分岐器軌道狂い検査
【在来線の軌道検査業務】
・分岐器細密検査
・分岐器軌道狂い検査
・レール遊間検査
・レール塗油検査
・ロングレールふく進検査
・レール深傷検査
・技能検査

株式会社明豊 軌道検査業務

軌道工事業務

軌道管理の検査結果に基づいて、線路の狂いを整正したり、線路材料の交換を行ったりするのが軌道工事です。 線路(軌道)のメンテナンスはミリ単位の制度が要求され、また列車と列車の合間をぬった短時間での作業が求められます。そのため最近では、保守用車呼ばれる大型保線機械や超音波でレールの傷を調べる機械などを使って、制度が高く、かつ効率的な作業を行っています。
・マルタイ(MTT)による軌道整備
・分岐マルタイ(SMTT)による軌道整備
・6頭式レール削正車
・山陽新幹線高速確認による線路確認
・スラブマルタイによる軌道整備
・締結整備
・軌道調査
・その他

軌道工事業務

トンネル検査業務

新幹線や在来線のトンネルの検査を行います。

トンネル検査業務

確認車運転業務

整備後の軌道の確認を行います。

運転車業務

警備業

3270249_m

交通誘導警備

道路の工事現場や、建築現場、駐車場、事務所等において、道路工事等によって一般交通に及ぼす渋滞の発生を軽減するとともに、一般車両や歩行者の通行の安全を図り、事故の発生を未然に防止することを目的として、人や車両の誘導を行います。

社員紹介

工事A班
工事B班
検査A班
検査B班
在来検査班
SFM班
広島班
構造物班
岩国班
明豊野球チーム
準備中
準備中

現場紹介

軌道工 1日の流れ

出勤時間は20時50分ですが、実働は4時間程度です。

●20:20

自宅出発

次へ

●20:50

出社

次へ

●21:00

点呼、現場へ移動

次へ

●22:00~24:00

準備

次へ

●24:00~翌4:00

実作業

次へ

●4:30~5:00

移動、退勤

次へ

●6:30

帰宅

次へ

●8:30~17:30

食事、朝酌、就寝